参考動画

プレイに役立つ参考動画

フォアハンド・ストローク

フォアハンド・ストロークのポイント

ラケットのスイングがグリップエンドから入っていることが映像から確認できます。
脇は締めずに、腕もなるべく伸ばして振っていますね。

ラケットも体の一部として考え、鞭を振るようにしなやかに、釣りをする人は『5号くらいのおもりが付いた竿を振る』ような感覚で、 ヘッド部分(先っぽ)が後からついてくるように振ることで、自分の力を無駄なく伝えることができます。

 

シングル(片手)バックハンド

シングルバックハンド・ストロークのポイント

この映像からでは確認しにくいですが、バックハンド・ストロークもラケットのスイングがグリップエンドから入っています。

体は真横を向けて振り始めますが、完全に振り抜くまでは体が正面に向いてしまわないように、反対側の腕で体が回転するのを抑えています。

体がねじれすぎると腰やヒザを痛めてしまうので、振り終わりは足を開放して正面を向きましょう。

これが出来れば、シングルバックハンドは守備範囲が広く、コントロールもしやすいので鋭いショットとなります。

 

ダブル(両手)バックハンド

ダブルバックハンド・ストロークのポイント

これも映像からでは確認しにくいですが、ラケットのスイングがグリップエンドから入ります。

体は真横を向けて振り始め、体の向きを正面に向けながらラケットを振り抜いています。ただし、ラケットを振って飛ばすというより、体で前に押すというイメージで ボールに厚く当てないと、パワー不足となりがちです。しっかりと押すことが出来れば、シングルバックハンドよりパワーのあるショットになります。

ダブルバックハンドは守備範囲が狭くなる分、次のショットに備える意味でも、振り終わった時に体が正面を向くようにしましょう。

 

サーブ

サーブのポイント

グリップエンドから入ることに関しては、フォアハンドストロークやバックハンドストロークと同じです。

サーブに関しては様々な意見や考え方がありますが、気を付けたいのは『無理にジャンプしない事』『無理に体をのけ反らせない事』です。

プロがジャンプしているように見えたり、体をのけ反ったりしているように見えるのは、あくまで『感じるままに体を動かした結果』であり 真似してジャンプしようとすると、体がブレてしまいます。

大切なのは、体(サーブにおいては特に頭)がグラグラ動かないように安定させて、しっかりと運動エネルギーをボールにのせることです。

 

ボレー

ボレーのポイント

ボレーはグリップの握りかたによってアドバイスの内容が変わってしまいますが、ボレーでおすすめの握りかたのコンチネンタルでプレーする場合は、 フォアハンドやバックハンドの打点より少し待つ(タイミングを遅らせる)イメージが良いでしょう。

ボレーはラケットを振るのではなく、ラケットに当たる瞬間に体重をのせて押すイメージです。

その時に、当たった位置からラケットをグッと下げることでバックスピンがかかります。

ラケットを振ってしまってミスをする人が多いショットです。始めの間は当てるだけでも構いませんので、ラケットを振らないように心がけましょう。

 

トップスピンとは?バックスピンとは?違いを動画で見てみよう!

スピン動画についての補足

動画を見ると「マシンが上にボールを出すから弧を描くのでしょう?」と思われるかもしれませんね。

確かにこの映像ではマシンがそのように出しているんですが、これは実際のプレーでも強くトップスピンをかけた場合はこのような弾道になります。

トップスピンはその性質上、回転量が上がるほど手前に落ちるのでネットにかかりやすく、無事に相手コートに返ったとしても、浅いボールはチャンスボールになるので、 深く入れるためにはある程度の高さが必要になります。

「じゃあ、回転をあまりかけなきゃいいでしょ?」と思われてしまいますが、バウンド後の高さはあればあるほど相手にとって打ちにくいボールになるので現代テニスでは回転量は重要視されていますね。

タイトルとURLをコピーしました