ラケットの選び方

【ラケットの選び方】

まずは自分の性格に合わせて方向性を決めよう

お勧めは『慣れるまではそれなりのラケット』からの『打ち返せるようになってからこだわる』で良いでしょう。

テニス経験者の話を聞くと「グリップは太い方が良い」「ウェイトは重い方が良い」と言われることが多いですが、 経験者は当然『経験者VS経験者』で打ち合うでしょうから『パワーのある重いボール』を相手にした時のことを想定して言っているケースが多いです。

初心者がそんな人のボールで打ち合うことはほぼないでしょうし、あなたの体格に合わない可能性があるので、最初のラケットは『試合ができるようになるまでの間のラケット』として考えよう。

予算を気にせず性能にこだわりたい人 ➡ 性能を勉強して新品購入!

新品購入時の相場 27,000円
(ラケット22,000円 + ストリング(工賃込み)3,800円 + グリップテープ(工賃込み)1,200円)

性能の違いを学んで自分の身体にあったラケットを探そう! ➡ 性能解説ページへ移動する

価格はインターネットのほうが安いかもしれませんが、スポーツショップでは試し打ち(ラケットの貸出など)ができたり グリップの太さが確認できるので、近所のスポーツショップを応援する気持ちで決めるのも大切です。

※新品のラケットでもグリップテープは必要!自分で巻くか、スポーツショップにお願いしよう!

予算は気にしないけど性能の勉強は面倒な人 ➡ ショップで選んでもらおう!

新品購入時の相場 33,000円
(ラケット28,000円 + ストリング(工賃込み)3,800円 + グリップテープ(工賃込み)1,200円)

ストリング(ガット)やグリップ(握る部分)テープもお任せでお願いしよう。

スポーツショップはインターネットより少し割高かもしれませんが、『相談に乗ってもらえる』『ストリングやグリップもお任せで見繕ってもらえる』『試し打ち(ラケットの貸し出しなど)ができる』『グリップの確認が現物でできる』などの サービス料金だと思って地域企業に貢献しよう!

※試し打ち(ラケットの貸し出しなど)が出来ないお店もあります。

安く済ませたいけどラケットはこだわりたい人 ➡ 性能を勉強して中古購入!

相場 19,000円
(中古ラケット14,000円 + ストリング(工賃込み)3,800円 + グリップテープ(工賃込み)1,200円)

性能の違いを学んで自分の身体にあったラケットを探そう! ➡ 性能解説ページへ移動する

多少ラケットにこだわるとなると、近所のリサイクルショップではなかなか見つかりにくいので、ネットショップも見てみよう。

購入後はストリングとグリップテープの交換を忘れずに!

あまりこだわらず安く済ませたい人 ➡ おすすめの中古ラケットをネットで購入!

相場 14,000円
(中古ラケット9,000円 + ストリング(工賃込み)3,800円 + グリップテープ(工賃込み)1,200円)

グリップの太さは重要なので、あらかじめ【ラケット選びのポイント】を確認しておこう!

《初心者にお勧めのラケット》※あくまで参考に
ウィルソン:wilson BURN 100 LS(重さ:280g
プリンス:BEAST 100(重さ:280g)
バボラ:ピュアドライブ 107(重さ:285g
ヨネックス:EZONE LITE(重さ:270g)

リサイクルショップでは性能の表記がなく自分で確認することになりますが『グリップサイズがテープで隠れて見えない』『グリップテープがぐるぐる巻きで太さがよく分からない』などの理由により 初心者にはあまりお勧めできません。「それでもリサイクルショップ!」という場合はなるべく経験者を連れて行こう!

レジャー用でもいいから、もっと簡単に安くしたい! ➡ 新品の格安モデルもある!

相場 3,800円~9,000円(amazon が比較的安い)

有名な一流ラケットメーカーでも初心者用の格安ラケットが存在します。ストリング(ガット)張り上げ済みのラケットもあり、購入後すぐに使えるところが魅力。

経験者が本気で使うとすぐに壊れてしまう」といった報告もあるので、あくまで短期間の入門用として使おう。

ラケット選びのポイント

ラケット選びで最も重要視されるポイントは3点

①グリップ(握る部分)サイズについて

グリップにはサイズがあり、成人男性でサイズ2~3 女性で1~2が目安。初心者は成人男性がサイズ2 女性がサイズ1で試そう!

細いグリップのメリットボールコントロールがしやすい。手首が柔軟に動かせる。
細いグリップのデメリットラケットの真ん中に当たらなかった時、ボールのインパクトに負けてラケットがぐるっと回る。
太いグリップのメリット相手のボールに負けにくくパワーで押し返せる。
太いグリップのデメリットある程度の握力がないと疲れやすくすっぽ抜けそうになる。

②フェイス(ボールを打つ面)のサイズについて

フェイス(ボールを打つ面)のサイズは、大きいほど打ちやすくなる。単位はinch²(平方インチ)初心者は100~110で試そう!

大きいフェイスのメリットラケット真ん中にあるスイートエリアが広くなるので打ちやすくなる。回転がかかりやすい。
大きいフェイスのデメリットボールコントロールはやや落ちる。ボールのパワーが落ちる。
小さいフェイスのメリットコントロールしやすい。振り抜きやすいのでボールパワーが上がる。
小さいフェイスのデメリットスイートエリアが少し狭くなり、難易度が上がる。
※スイートエリア=フェイスの真ん中付近で、ボールが当たった時の衝撃や振動が少ない個所

ただし、大きいからと言ってフレームショットのようなミスショットが減る訳ではなく、あくまで『多少スイートエリアを外しても、ボールが返ってくれる』程度。

③ウェイト(ラケットの重さ)について

ウェイト(重さ)には2種類あり、1つは『物理的な重さ=ウェイト』で、もう1つは『振ったときの重量感=スイングウェイト』がある。

最初はスイングウェイトにこだわるとラケットが決まらないので、まずは物理的な重さを重視して探そう!

参考として、成人男性:280g~310g 成人女性:260g~290g を目安に自分の体力(腕力)と相談して決めると良いでしょう。

中古ラケットで忘れてはいけないこと

①中古のラケットは、ストリング(ガット)とグリップ(握る部分)テープは新品にしよう!

②硬式と軟式ではラケットが違うので、購入前に確認しよう!

硬式と軟式のラケットの違いや、グリップなどの詳しい解説は詳細ページで確認しよう!

タイトルとURLをコピーしました